JR東日本

E655系

 E655系は1号編成に替わる御召列車として,また皇族方の御乗用,国賓用などとしても使用できるように2007年に1編成6両が新製されました。E653系と同様にDC1500V,AC20kV/50Hz,AC20kV/60Hz区間に対応した3電源交直流車両となっています。通常は団体臨時列車"なごみ”として運用されます。御召列車として運転する時には御料車E655-1(TR)を連結します。非電化区間でのディーゼル機関車牽引走行を想定した自動連結器,サービス電源用のディーゼル発電機などを装備しています。

2019年9月
令和初の公式お召です。偕楽園のアウトカーブで俯瞰気味に撮ろうと8時前にセットして周囲の皆さんと雑談してたら、9時を回ってから歩道橋は全面排除となり一同大慌て。付近も道路の手前側しか許可しないとの事でお話になりません。曇天だったので歴史館の跨線橋の逆光側に行ったらここは俯瞰だけどOK。意味わかりませんが世の中こんなもんでしょう。ようやく撮れそうとホッとしたのも束の間、10時になると晴れてきてあちゃー。また慌ててその先をロケハンし、順光側で撮っている方の後ろに脚立を立てさせて貰いました。本番は薄曇りでしたが何とか撮れてやれやれ。参戦された皆様、お疲れさまでした。
(2019/09/29追加)
No.D700_190928-038
2019年9月28日
9001M お召列車
E655系
常磐線 赤塚→水戸
菊の御紋章が輝くTR。このあと続行の予備編成のまばゆい車体を横目に駐車場へ向かい,ひたちなか市内で笠松に向かわれる両陛下を日の丸の小旗で奉迎しました。
両陛下は翌日の夕刻,日立からE655系,お召9002Mでご帰京されました。
(2019/09/29追加)
No.D700_190928-044
2019年9月28日
9001M お召列車
E655系 E655-1 (TR)
常磐線 赤塚→水戸
2011年12月
No.D700_111210-17
2011年12月10日
E655系
常磐線 水戸→勝田


白い目を光らせ水戸以北までやってきたE655系です。手擦りや国旗掲揚装置を取り付けるための孔が多く目立ちます。通常時から手擦りを取り付けておく車両デザインにした方がスマートだったのでは・・・と思ってしまいます。
No.D700_111210-19
2011年12月10日
E655系
常磐線 水戸→勝田


那珂川の橋梁を渡る。客扱いは勝田まででした。追い写しですがこれがもっともきれいに撮影できました。
No.D700_111210-30
2011年12月10日
E655系
常磐線 水戸←勝田


東海まで回送され,回送で折り返してきたE655系です。
2008年10月
No.D200_081031-14
2008年10月31日
E655系
常磐線 馬橋→新松戸


常磐線上野→土浦間で運転された御召列車の訓練運転です。本番は仕事で撮影できませんでした。国旗掲揚装置の作業のため,正面には手擦りが取り付けられ,自連は収納されています。3両目にTRこと御料車E655-1が入っています。
2007年11月
No.D200_071125-37
2007年11月25日
E655系
東北本線 蒲須坂→氏家


クロE654-101先頭。床下にディーゼル発電機を備えており,その煙突が目立ちます。
 2011年12月10日  ページ新設